自然にあるものを使った健康住宅の魅力を追求

婦人
このエントリーをはてなブックマークに追加

良い環境での暮らし

室内

少なめの購入負担で

茨木は、大阪と京都の中間に位置する都市で、それぞれにアクセスしやすいことから関心を寄せられています。具体的には、快速列車を利用することで、大阪には10分強、京都には20分強でアクセスできるのです。そのため茨木の一戸建てには、この両都市に通勤する人々からの高い需要があります。また茨木は、大阪の都市の中では7番目に面積が広いので、比較的土地の余裕があることからも話題となっています。余裕がある分、茨木では広々とした土地を比較的安く購入することができるのです。一戸建ては多くの場合、建物と土地とをセットで購入することになります。したがって土地の価格が安ければ、一戸建ての購入費用における負担は、それだけ少なめになるのです。

人口の増加

茨木は南北に長い都市で、その大半が平野部となっています。隆起が少ない地形なので、生活しやすいことから、古墳時代から人々が集落を作っていました。道路を整備しやすいので、その分物資の流通がさかんで、商業もスムーズに発展していきました。住宅と商業施設とが多いのですから、茨木には現在でもどんどん人が集まっています。そのため人口の多さでは大阪で第8位、増加率では第5位となっているのです。したがって、人々がより快適に暮らせるようにと、茨木では教育施設や医療施設の建築も積極的におこなわれています。さらに緑化計画も推進されていることから、環境が良いことでも注目されるようになっています。こういったメリットが、茨木の一戸建ての人気をさらに高めているのです。